SubteAneisMusicA

同人音楽の感想をつらつら書いています。現在は http://srn.xyz に移転しています。

Foreground Eclipse - Stories That Last Through The Sleepless Nights / 東方アレンジ

http://www.fg-eclipse.net/image/banner1.jpg

(試聴ファイルは特設ページ)

Title : Stories That Last Through The Sleepless Nights
Circle : Foreground Eclipse
URL : http://www.fg-eclipse.net/works/stories.html

東方アレンジ界隈でも屈指の人気バンドであるForeground Eclipseだが、昨年12月30日、つまりC85の参加を最後にバンドは解散となった。
解散発表は昨年8月、メンバーのTetoによってTwitterで行われていた。

このポストのRT数は900を超えており、東方アレンジサークルとして相当の人気があることが窺える。実際にC85の会場では購入待ちの列が会場外まで伸びていた。

 さて、言うまでもなく引用元の「最終アルバム」とは、この『Stories That Last Through The Sleepless Nights』のことである。
内容に関して、僕はもう特に言うことはないのではないかと思う。傑作だった。
あえて、あえて指摘するのならば、ジャケットのアルバムタイトルロゴがスペルミスしているということくらいであろうか(ThroughがThoroughになっている)。

そんな重箱の隅をつつくような指摘はやめて、音楽の話をしよう。
冒頭で述べておくのを忘れていたが、Foreground Eclipseはエモ/スクリーモを得意とするバンドである。メジャーでイメージするのであれば、
Fear, and Loathing in Las Vegas、The Hype Theory、ALTEMA、あたりがそれであろう。特にラスベガスの音楽は意識されているように思う(本人達は海外エモバンドをよく聴いているようなので、そちらに元ネタがあるのかもしれない。)

イントロのR.U.はまさしくラスベガス的な導入で、20秒ほど流したあと痛絶なシャウトで2曲目、Dear, Are You Getting Soberが始まる。ジャンルとしてはもちろんスクリーモ。人によってはピコリーモと呼ぶが、ピコ的な要素(チップチューン的なシンセ)はあまり入っていない(入っていなくはない)。
Foreground EclipseのCDは基本的にテンションが最初から最後まで下がらない。この2曲目は彼らの曲の中でも屈指の速度であるが、正直なところ3曲目以降もほとんど同程度の速度で進んでいくとは思っていなかった。

4曲目 Wandering, Never Wondering (There Exists A Shade)は1st EPである『Missing,Loving...and Suffering EP』からの再録である。このMissing…は既に絶版になっている。こちらも持っている人は是非、この新録のWandering, Never Wonderingと聴き比べてほしい。演奏もマスタリングもボーカルも全て向上しているのが手に取るようにわかるはずだ。特にボーカルのMerami(めらみぽっぷ)に関しては本当に同じ人が歌っているのか疑わしいほどである。
5曲目の『Truths, Ironies, The Secret Lyrics』も再録である。こちらは2013年に一度シングルカットとして頒布されたものが収録されている。初出は『Wishes Hidden In The Foreground Noises』。なお、シングルカット版とこの最新アルバムでは収録されているものは同じだが、初出の音源とは若干変更点がある。気になる方は過去作も入手してみてはいかがだろうか。

4、5曲目を一瞥しただけでも購入意欲が膨らむ内容になっていると言えるだろう。
6曲目以降、隠しトラックも含めて最後までハイテンション、ハイスピードで駆け抜ける最高の最終アルバムだ。
1~6曲目までは東方アレンジ楽曲であるが、7、8曲目はオリジナル楽曲となっている。東方アレンジを主な舞台に活躍したサークルであったが、オリジナル曲の面でも卓越したセンスを持っていたことは言うまでもない。

またこれは蛇足ないしネタバレであるが、9曲目はシークレットトラックである。
meramiが過去に活動していた『ななふれっと』の曲のカバーである。
気になった方は「恋のTwinkle☆Dance」で検索をかけて頂ければカバー元を知ることができる。
更にもう一足描き加えると、meramiの個人サークル、こすもぽりたんからリリースされた1stアルバム、「めらくえI」にも恋のTwinkle☆Danceの別バージョン(こちらはCOOL&CREATEのビートまりおのリミックス)が収録されている。